調剤薬局発信の脳の病について解説するサイト

脳神経外科と脳の病気

脳神経外科は脳、せき髄や末梢神経の疾患に対して、外科的な治療を専門に行う科です。脳内出血、く も膜下出血、脳梗塞、頭部外傷、脳やせき髄の腫瘍などを主に治療します。 診断技術としては、1927年にエガス・モニスによって創始された血管造影法が、1953年にSeldingerによって選択的血管造影法として改良されて脳血管疾患の診断が飛躍的に進歩し、また、腫瘍を栄養する血管の描出により脳腫瘍の診断も進歩しました。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

1971年にはCTスキャンが開発され、脳の断面の診断が可能になりました。日本においては、戦前に一般外科医が散発的に脳神経外科分野の手術を行っていましたが、戦後、日本でも抗生物質が普及し、日本人の死因1位が感染症から1951年には脳卒中となり(1980年まで)、脳神経外科分野の需要が増加しました。また、高度経済成長期にモータリゼーションが浸透し、交通戦争と呼ばれるほどの交通事故が発生して外傷性の脳神経外科疾患が増加しました。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

このような患者の増加の背景もあって、1965年6月に医療法第70条に「脳神経外科」が診療科名として加えられ、日本でも脳神経外科学が発達していきました。最近では、血管内治療や放射線治療等、脳神経全体に関する治療分野へと発展しています。なお、精神医学の外科分野を精神外科とも言いますが、この分野で行われたロボトミーなどは脳神経外科医が執刀しています。

 

薬局