調剤薬局発信の脳の病について解説するサイト

脳梗塞について

脳梗塞の原因として挙げられるのは、糖尿病、高血圧症、肥満、高脂血症などの生活習慣病です。これら生活習慣病のほかにも、煙草やストレス等も脳梗塞を引き起こす要因として挙げられます。

 

脳梗塞の症状で最も多いのが「麻痺」です。麻痺の症状は、半身の手足や顔面に力が入いらなかったり、思うように動かない片マヒ(半身不髄)という状態が起こります。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

このような症状は、脳の中で体を動かす働きがある部位の血管が詰まることで起きます。また、「感覚障害」や、「言語障害」もみられます。

 

感覚障害は、体の半身が「痺れ」や「感覚が鈍くなった」など、感覚についての異常な状態が起こります。

 

言語障害は、話していて、ろれつが回らない状態や、言葉が出ない状態、相手の言葉が理解できないような状態など、言語について異常な状態が起こる事です。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら