調剤薬局発信の脳の病について解説するサイト

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管がやぶけたり(脳出血)、つまったり(脳梗塞)して、急に手足の麻痺やしびれ、あるいは意識障害などの症状が出た状態をいいます。本来は脳の血管のトラブル(=循環障害)のうち、急激に起こったものをさしていますが、中には徐々に進行するものや、段階的に進行するものもあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

脳卒中は脳におこる病気のなかでもっとも多いものです。脳卒中は、昭和26年から昭和55年までの30年間、日本の死亡原因の1位 を占めていました。現在でも富山県では死因の第2位であり、全国的にも昭和40年代後半から死亡率は減少していますが、その内訳をみると、この40年間で脳卒中の主流は脳内出血から脳梗塞へと変化してきています。幸い医学の進歩により脳卒中による死亡率は年々低くなってきていますが、それでも依然として上位を占めています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、一命をとりとめても、麻痺や意識障害などの、重大な後遺症を残すことがしばしばあり、介護が必要となる原因としては現在でも最も多いものです。そのため脳卒中の治療、機能障害に対するリハビリとならんで、脳卒中を予防することが、重要な医学的課題として、現在も変わらず積極的に取り組まれているのです。
脳卒中の種類には、脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞、一過性虚血、高血圧性脳症などがあります。

 

薬局