調剤薬局発信の脳の病について解説するサイト

カテーテル治療

カテーテル治療とは、開頭手術の難しい場所にある脳の動脈瘤や脳の血管の奇形を血管の中から埋めてしまったり、脳の血管が細「脳血管内治療」などと呼ばれることもあります。
脳の血管は、心臓や肝臓と違い「くも膜下腔」という空洞の中を走っていますので、万が一血管が傷つくと「くも膜下出血」を起こしてしまいます。また、脳はそれぞれの場所がそれぞれ別の働きを持っていますので、万が一脳の血管のうちの一本がつまってしまうと「脳梗塞」を起こしてしまい後遺症を残す危険性があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

こういった理由で、脳のカテーテル治療は、他の内臓などと比べると「慎重に」「無理をしないように」「専用の器具を開発しつつ」発展してきたわけです。
カテーテル治療は開頭手術と比べ、「小さな傷で治療ができる」「脳自体を触らずに治療ができる」「多くの場合局所麻酔で治療ができる」「入院期間が短期間で済む」などといいことずくめの治療法のように聞こえるかもしれませんが、開頭手術と比べまだ実用化されて日が浅く、また、確実性など問題を残している部分もあり、決して万能の治療法ではありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

開頭手術は歴史も古く、その確実性や危険性もはっきりしていますから、現時点における脳の病気の治療はあくまでも開頭手術が第一で、脳血管内治療は主に開頭手術での治療が非常に困難な(あるいは危険性が高い)場合の治療法であるわけです。

 

薬局