調剤薬局発信の脳の病について解説するサイト

コイル治療

脳動脈瘤の治療では、開頭手術(クリッピング術)または低侵襲の血管内治療(コイル塞栓術)が用いられています。しかしながら、診断された動脈瘤がすべて治療されるわけではありませんし、両者の治療方法ですべてを治療できるわけではありません。患者はどちらの治療法が適しているのかを決めるために、専門医に相談する必要があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

血管内治療は血管の内腔から治療部位に到着するため、体にとって侵襲の少ない治療方法です。脳動脈瘤の場合、コイル塞栓術と呼ばれる血管内治療が実施されます。外科手術とは異なり、コイル塞栓術は開頭術を必要としません。直接に脳血管・脳動脈瘤を見て治療をする代わりに、リアルタイムのX線透視画像下に血管を視覚化し、血管の内腔から脳動脈瘤を治療します。
脳動脈瘤の血管内治療はカテーテル(細いチューブ)を足の付け根の大腿動脈から挿入し、大動脈を通り頭部の脳動脈瘤まで誘導します。このカテーテルを通して塞栓物質(極めて細いプラチナ製コイル)を脳動脈瘤の中に詰め、脳動脈瘤内に血液が流れ込むのを遮断することで破裂を予防します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

血管内治療に使用されるプラチナ製コイルはX線透視下で視認が可能で、脳動脈瘤の形状に一致するよ うに、柔軟な構造になっています。この血管内治療(コイル塞栓術)は、全身麻酔または軽い鎮静剤投与のもとに行われます。

 

薬剤師 求人